僕、粉やの コニャン勘助 です


by majesta0024
カレンダー

<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ハイデルベルク 1

a0039307_23422933.jpg

昔々、そう40余年も前ということになりますか、ふと出合った本『アルト・ハイデルベルク』を読んで以来、一度行ってみたいと思っていた場所、ハイデルベルクです。
ドイツ最古のハイデルベルク大学があり学生の町として知られ、公国の公子も遊学します。
『アルト・ハイデルベルク』はそんなプリンスと下町の娘との淡い恋物語。 
百年前の小説とそれによる戯曲です。
a0039307_041038.jpg

文庫本に載っていたハイデルベルクの写真。
私の写真と逆の「哲学者の道」から眺めるネッカー川、旧市街、古城と説明されていました。
残念ながらツアーご一行同一行動なので「哲学者の道」へは行けませんでした。
お天気もやっとやんだ雨上がり。
ちょっと暗い写真になってしまいました。
a0039307_015425.jpg
a0039307_0163265.jpg

しっとりした静かに勉強する環境の町だと思いました。
小説アルト・ハイデルベルク より 
      公子に彼女が歓迎の花束を贈呈する場面。

  花束を手にした娘が一歩前進して、
  も一度膝をかがめてお辞儀をした。
  それからぱっちりした、とび色の目で、
  臆する色なく彼を眺めて、
  明るいのびやかな声で、

   「遠き国よりはるばると ネッカーの川のなつかしき
    岸に来ませるわが君に 今ぞささげんこの春の
    いと美わしき花かざり。
    いざや入りませわが家に さわれ去ります日もあらば
    しのびたまわれ若き日の ハイデルベルクの学びやの
    幸おおき日の思い出を。---どうぞ」
  
  ---そういって彼の手に花束を渡した。
  カル・ハインリヒは左手を階段の手すりの頭部において、
  根が生えたように突っ立っていた。 
  そのあいだ彼の目と娘のそれはじっと見あったまま離れなかった。
                        
                    角川文庫 マイアーフェルスター 
a0039307_0435720.jpg

a0039307_0443312.jpg



a0039307_045172.jpg
by majesta0024 | 2008-02-29 00:46 |
画廊というか観光客用の絵画のお店。
素敵な絵がたくさん有りましたが、とりあえず買えるのは絵葉書ぐらい。
こんなローテンブルクのスケッチです。
a0039307_19582737.jpg
a0039307_19584349.jpg

バスの中でドイツ観光局よりの「ロマンチック街道」通行証明書を戴きました。
添乗員サンの、出発時にチャンと申請しておいたんですよ・・・にみんなさすが読売旅行!!
a0039307_2044229.jpg

ガイドブックより
「ドイツ南部の中央を縦断する350kmがドイツ観光で最も人気のあるロマンチック街道。 街道の北では中世の面影を残す美しい村々をめぐり、南ではアルプスに連なる山並みが姿を現す。 その名のとおり旅人をロマンの世界へ導いてくれる。」
ほかにも好い名前がついています。
古城街道  フアンタスティック街道 アルペン街道 ゲーテ街道 等など

ローテンブルクを後に古城街道を走り、僕的にはこの旅最大の憧れ、ハイデルベルクへ入ります。
ご期待のほど。
by majesta0024 | 2008-02-27 21:03 | 美術

ローテンブルク

ロマンチック街道のハイライト「ローテンブルク」
a0039307_21303935.jpg

市壁というか城壁のアーチを入るとそこには中世の町がそのまま生きているという。
期待に胸躍らせて門をくぐる。 またこの市壁の立派なこと!
a0039307_2133335.jpg

オオ! これが、中世の都市! といった感激。 みんなカメラを片手にうろうろ、行ったり来たり。
a0039307_213458100.jpg

a0039307_21375279.jpg

整然とした木組とレンガ屋根、石畳もまたきれいに続きます。
a0039307_21393690.jpg

a0039307_2201742.jpg

世界各国の観光客が集う市庁舎の広場では、ちょうど結婚式が。 きれいな花嫁さんでした。
a0039307_21512181.jpg


a0039307_21515340.jpg

通りのそれぞれにえもいえぬ味がありますね。
a0039307_2222210.jpg

a0039307_2225858.jpg


ちょうど雨上がりの濡れた石畳がしっとりしていて往時を偲ばせてくれる様です。
a0039307_22102341.jpg
a0039307_22104450.jpg

もっとゆっくりしたいローテンブルクでした。
by majesta0024 | 2008-02-24 21:53 |

ロマンチック街道へ

ミュンヘンを7時に出発し旅の目的ロマンチック街道を目指します。
a0039307_23241874.jpga0039307_23243716.jpg









ドイツ郊外のアウトバーンを走りながら、15世紀のディンケスビュールへ。
駐車場でバスを降り、市壁(城壁)から街の中へ。
日本の他のツアーの皆さんとすれ違います。 挨拶しながら。 一瞬違うのかな?ツて時もありますが。
a0039307_2330727.jpg

a0039307_2330431.jpg

木組みとレンガの屋根の町並みがきれいにそろって大きな模型の様です。
スケールは大きいですね。
a0039307_23572568.jpg

広場は中古車市場。 右側の赤いジャンパーのお姉さんが、逆光だよ!って。
a0039307_23594342.jpg
a0039307_00234.jpg

教会の玄関のマリアさま。 オープンカフェで読書する老人。 
ゆったり時間が流れるようです。
a0039307_045279.jpg
a0039307_051220.jpg

ホテルの看板もきれい。 裏通りの石畳もまたきれいです。
a0039307_012537.jpg

そしてこの自転車のおじさんが良いではないですか。 白い髭、ハンチングにボタンダウンのシャツ、セーター、ジーンズですかね。 手信号が様になっています。 良いです。
by majesta0024 | 2008-02-23 00:17 |

ミュンヘン

a0039307_22154715.jpg
a0039307_2214423.jpg

夕方、ミュンヘンの街に入ります。
a0039307_22144296.jpg

a0039307_22152524.jpg

ホテルで荷を解き一服し、これからビール党には応えられない有名なビアホール「ホーフブロイハウス」へ
a0039307_22213916.jpg

a0039307_22263681.jpg

ヒットラーが演説したという舞台では賑やかにドイツ舞踊。
a0039307_2227281.jpg

a0039307_22273563.jpg

a0039307_22283439.jpg

1リットルのビールに満足げな下崎さん、児玉さん。 これ3杯目。 エ~~~!
a0039307_22315656.jpg
a0039307_22324418.jpg

a0039307_22333397.jpg

ニギヤカデシタ。
みんなほろ酔いかげんの帰り道。
飲めない私ども夫婦はドイツらしいファッションと車をチェック。
a0039307_22353346.jpg

a0039307_2236659.jpg

by majesta0024 | 2008-02-19 22:40 |

リンダーホフ城

ノイシュバンシュタイン城、ヴィース教会の後、
ルードヴィッヒ2世が築城したもう一つの城・リンダーホフ城を見学します。
a0039307_22204653.jpg

広大な敷地に山をバックに建てられています。
a0039307_22212126.jpg

a0039307_22215028.jpg

3つの城を築こうとしたルートヴィッヒ2世は1886年、精神を病んでいることを理由に監禁され、ある日、湖で水死体となって発見されたという。
その死はいまだ多くの謎に包まれたまま。
城内は絢爛豪華。 鏡も多く、これでは気の安らぐ事が無かったでしょう。
a0039307_22371811.jpg

噴水の池もごらんのとおり。 キンキラキン。
これからミュンヘンに向かいます。
by majesta0024 | 2008-02-17 22:47 |
先日の小諸komoro商工会議所主催のシンポジウムで小諸の水道は日本一美味しい。
もっと大きな声でアッピールすべき~~~との意見。
a0039307_2350105.jpg

a0039307_23502265.jpg

家の猫も水道水が大好き!!!
僕はボルヴィックですが。
a0039307_23533988.jpg

by majesta0024 | 2008-02-15 23:54

バレンタイン

イタリア旅行そして今回のパリ・スイス・ロマンチック街道の旅にご一緒したA夫妻、明るく楽しい素敵なH・A夫人よりのバレンタインチョコが届きました。
家内と今度は何を送ってくれたんだろう??
鈍い二人です。 マー言い訳をすれば13日でしたから。
a0039307_22565474.jpg

Aさんの家も猫好き、我が家も9kの可愛い? 猫、ということで有名なデメルの猫チョコでした。
箱を開けて、これを見たときはびっくりでした。
アレ・・・・ドッカデミタナ~~~~何処だっけ?
ア! そうだ今朝の信濃毎日新聞。
これです。 右下。
a0039307_2363450.jpg

日高あつ子さんの「かろやか街便り」

「恋はみずいろ」という歌が大好きなせいか、バレンタインの季節には、水色をまといたくなります。~~~と書き出されたエッセイ。
最後の段に~~そしてあすのプレゼント用にも、水色BOXのものを選びました。写真⑥はウィーンのデメルの有名な「猫舌」チョコです。~~~

今朝の新聞でおもしろいな~と思ったそのチョコが昼には手元に。
お心遣いに感謝です。
新春のプレゼントも、これまたすばらしいものでした。
a0039307_23203059.jpg

by majesta0024 | 2008-02-14 23:31 | イベント

ヴィース協会

ノイシュバンシュタイン城を後にミュンヘンへの途中
世界遺産のヴィース教会へ寄ります。
a0039307_2261792.jpg

a0039307_2138370.jpg

a0039307_21471336.jpg

1738年、鞭打たれるキリスト像が涙を流すという奇跡が。
そのキリスト像を安置するヴィース教会です。
a0039307_227287.jpg

静かな牧場の中に悠然とたたずみます。
a0039307_2224833.jpg

キリスト像の主祭壇、ロココ様式の最高傑作と讃えられているようです。
by majesta0024 | 2008-02-12 22:11 |

白鳥城へ

ローザンヌからベルンへとスイスの古都を見学し、
スイス・アルプスのすばらしい景観を楽しみました。
オーストリアへ入りボーデン湖畔のホテルで1泊。
明日はドイツへ入りこれまた大期待のノイシュバンシュタイン城です。
8時バスで出発。 いい天気です。
a0039307_21273131.jpg

a0039307_21283050.jpg

a0039307_21292034.jpg白鳥城。
ルートヴィッヒ2世がローエングリンの世界を夢見造ったといわれるお城。
1868年より着手。
未完の謎多き城。 
まさにワーグナーの音楽が流れているような感じですね。




a0039307_21303619.jpg

まず全景の見えるポイントへ。
おh~~~。
a0039307_2133579.jpg

もうちょっとアップで。
a0039307_21343665.jpg

大きく引き伸ばすと塔のバルコニーに人のいるのが判るのですが。
ちょうどいい天気でした。 
紅葉の森を歩き城内へ。
a0039307_2139350.jpg

a0039307_21405566.jpg

a0039307_2271020.jpg絢爛豪華な装飾、部屋。
 めまいがしそう!










a0039307_21413313.jpg

お土産物屋さんの城の四季折々のポスター。
by majesta0024 | 2008-02-11 21:51 |